なぜカウンタ/タイマの値がトリガ・イベントに使用されたときに、たとえトリガが正しくかかったとしても正しい値を示さないのですか?

Question:

なぜカウンタ/タイマの値がトリガ・イベントに使用されたときに、たとえトリガが正しくかかったとしても正しい値を示さないのですか?

Answer:

ある条件下でカウンタ/タイマがロジック・アナライザのトリガ・イベントとして使用されますとステータス・モニタに表示される値が、たとえトリガが正しくかかったとしても、正しくないことがあります。これは次の条件で発生します:

カウンタのターゲットの値が8未満のとき(またはタイマのターゲットの値が32ns未満のとき)にカウンタ/タイマがターゲットの値を超えてインクリメントされ、カウンタがリセット(またはタイマがクリア)された場合。

もしもステータス・モニタのカウンタ/タイマの値を見る必要があるなら、またもしもターゲットの値をヒストグラム・ウィンドウで、TLAアプリケーションで使用する必要があるなら、もう一つのカウンタ/タイマを最初のカウンタ/タイマと平行してご使用ください。但し、この2つ目のカウンタ/タイマはトリガ・イベントに使用しないでください。こうすれば2つ目のカウンタ/タイマは正しい値で読むことができます。

This FAQ Applies to:

Product: TLA704, TLA711, TLA714, TLA720, TLA721, TLA601, TLA602, TLA603, TLA604, TLA611, TLA612, TLA613, TLA614, TLA621, TLA622, TLA623, TLA624, TLA7Q4, TLA7AB4, TLA7N1, TLA7N2, TLA7N3, TLA7N4, TLA7P2, TLA7P4, TLA7Q2, TLA7AA1, TLA7AA2, TLA7AA3, TLA7AA4, TLA7AB2, TLA7L1, TLA7L2, TLA7L3, TLA7L4, TLA7M1, TLA7M2, TLA7M3, TLA7M4, TLA5201, TLA5202, TLA5203, TLA5204, TLA7NA1, TLA7NA2, TLA7NA3, TLA7NA4

FAQ ID : 66531

View all FAQs »
下載
下載

下載手冊、產品規格表、軟體等等:

Go to top